メガバンクに匹敵!?武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』の審査口コミ体験談

MENU

武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』のスペックの紹介

武蔵野銀行とは埼玉県を中心とした地方銀行で本店は埼玉県さいたま市にあります。全96の支店の内、92点は県内と完全地域密着型の銀行といえるでしょう。
その武蔵野銀行のカードローン「むさしのスマートネクスト」についてご紹介していきたいと思います。

 

まず武蔵野銀行のカードローンには2種類あり、「むさしのスマートネクスト」と「むさしのカードローンシグナス」という名前がついています。比較的誰にでも気軽に使えるのが「むさしのスマートネクスト」です。銀行のカードローンではありますが、武蔵野銀行の利用がなくても申し込み・利用することができます。

 

それでは「むさしのスマートネクスト」について詳しく見ていきましょう。
まずは金利についてです。これは固定金利で(年利)6.0%〜14.8%となっております。これは契約の限度額によって差があり、それぞれ契約限度額100万円未満が14.8%  契約限度額100万円以上200万円未満が12.8%  契約限度額250万円が9.8%  契約限度額300万円が6.0%となっています。契約限度額が高ければ高いほど金利も低いと言うことです。
これはどのカードローンにも共通することです。又、地方銀行のカードローンという点でみるとこの金利は武蔵野銀行は特別高いわけでもなく、標準的な金利だと思います。

 

借り入れの限度額は先ほどの金利の部分での説明通り、最高額で300万円となっています。ただし、カードローンの名義人の職業が専業主婦の場合ですと、最高で30万円となっています。
30万円が最低金額となっていてそのあとは50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円と全部で8コースの契約限度額が設けられています。
どの限度額に設定されるかは審査の結果次第となります。公式のサイトにも「審査の上決定」との記載があります。

 

利用の期間に関しては3年毎の自動更新となっていて、これも一般的です。きちんと延滞などなく利用していれば問題なく自動更新されるということです。

 

この「むさしのスマートネクスト」の特徴としては、担保や保証人が不要なので気軽に申し込みができるというところだと思います。保証人の代わりに保証会社エム・ユー信用保証(株)という会社の審査がありますが、この会社の保証を受けられると判断されれば問題ないということです。

 

その他の特徴としては「自動融資」というサービスを希望があればしてくれるという点です。
自動融資とは公共料金等の自動支払いで、預金口座の残高が足りずに払えない・引き落としができないといった場合に不足額をカードローン口座から自動的に融資して補填してくれるというものです。
これがあれば公共料金などの払い忘れや滞納などのトラブルが回避できます。
なかなか忙しくて口座についお金を入れ忘れてしまったなどということがある方には是非おススメのサービスです。

 

「むさしのスマートネクスト」は武蔵野銀行の営業エリアor東京都内に勤務先または自宅があること・年齢が満20歳以上、満65歳以下で年金以外の収入(専業主婦の方は配偶者の収入)があれば申し込みができます。カードローンが初めてという方にでも是非おススメのカードローンです。

 

武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』の申込み方法

乃木坂46がキャンペーンをしていることでも話題の武蔵野銀行カードローン「むさしのスマートネクスト」今回は申し込み方法についてご紹介します。

 

まずは申し込みの前に自分が申し込み基準を満たしているのかを確認しましょう。といっても同じ武蔵野銀行のカードローン「むさしのカードローンシグナス」と比べれるとこちらの「むさしのスマートネクスト」の方が申し込み基準は低く設定されているので申し込みやすいと思います。
申し込み基準を満たしていない場合は申し込みをしても断られてしまいますので抜けのないように確認をしましょう。

 

まずは年齢です。申込時の年齢が満20歳以上、満65歳以下の方が対象のカードローンです。
続いては、武蔵野銀行の営業エリア及び東京都内に勤務先またはご自宅があること。これはローン申し込み時に住所や勤務先を記載するのでそこで確認されます。埼玉県内・東京都内であればOKということですね。又2店舗ではありますが、茨城県にも店舗がありますので、茨城県にお住まいであればご自身のお住まいのエリアが武蔵野銀行の営業エリアなのか確認が必要です。

 

続いてこちらは重要です。継続して安定した収入がある方のみの申し込みとなります。基本的には利用者の収入が判断基準ですが、例外もあります。専業主婦、パート・アルバイトを本業としている人が申し込む場合は配偶者に安定した収入があれば申し込み可とのことです。その際は配偶者の会社名などが必要になりますので配偶者の許可が必要です。
その他には年金の収入のみという場合は安定した収入ということにはならないようなので申し込みはできません。

 

それではいよいよ申し込みの方法です。申し込みは24時間365日対応しているのでとても便利です。お仕事帰りの遅い時間や子供が起きてくる前の朝早い時間でも対応してくれます。

 

まずは電話にての申し込み方法です。インターネットなどではわからないことや申し込みにあたり聞きたいことがある場合はこちらがおススメです。0120-24-8634に電話をして申し込みができます。
次にFAXでの申し込みです。これは武蔵野銀行の公式ホームページより資料請求をして申し込み用紙を取り寄せてFAXにて送信するものとなります。
最後にインターネット(携帯WEBも対応)での申し込みです。武蔵野銀行の公式ホームページより仮審査申し込みというページにて対応しています。

 

これらの申し込み方法で仮審査の申し込みという形になり、仮審査の結果は郵送にて通知されます。
この審査を通過した場合は必要書類と印鑑を持って武蔵野銀行の店舗にて正式な手続きを踏む流れになります。

 

いずれの方法でも店舗にいかないで仮の申し込みができるのでとても便利です。
もちろん武蔵野銀行の職員の方に詳しく話を聞いてから申し込みをしたいといった場合は最寄りの店舗でも受付は可能です。
ご自分にあった方法で申し込みを行ってみてください。

 

武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』の審査の流れと審査基準

武蔵野銀行のカードローンは現在2種類あります。
今回は「むさしのスマートネクスト」の審査の流れと審査基準についてご説明していきたいと思います。

 

電話やインターネットでの申し込みが終わった時点では『仮審査の申し込みが終わった』という状況になります。この仮審査の結果を経て、本審査へとつながっていくのです。
申し込みが終わった後に、自宅あてに武蔵野銀行からの手紙が届きます。これが申し込み(仮審査)の結果の通知となります。
ここで仮審査を通過できた場合は必要書類と印鑑を持って武蔵野銀行の店舗にて本契約をする流れです。
必要書類に関しては申し込み者の状況によって変わってくるので、仮審査結果の通知書に書かれた書類を持っていくようにしてください。

 

そして店舗窓口での本審査の申し込みが無事に終わりましたら、また後日に本審査の結果と審査に通っていた場合はカードが直接郵送されてきますのでその時点でカードローンの利用ができるようになります。
審査を経ての契約となっているので、審査によって限度額も決められてきます。希望の限度額よりも低くなっている場合ももちろんあります。
日本には総量規制法という法律があります。この法律では個人は年収の3分の1以上の金額を借りられないとなっていますが、対象となるのは、消費者金融などの信販会社のローンのみです。なので「むさしのスマートネクスト」は対象外です。あくまでも武蔵野銀行が判断した金額が限度額となっているということです。

 

審査基準に関しては、基本的には「申し込みの条件をきちんと満たしている事」が大前提となります。
そして申し込みの際に記載した内容に嘘偽りがないかが最重要となります。
武蔵野銀行にとってはカードローンの利用者にお金を貸すということになりますので、きちんと返済ができるだろうと信用できる人にカードを発行することになります。そのための審査なので虚偽の記載があった時点で審査は通過できないと考えた方がいいでしょう。

 

ここからは武蔵野銀行のカードローンに限らずすべてのカードローンやクレジットカードの審査み共通して言えることだと思いますが、審査で見られている点についてご説明します。
まずは申し込み時に記載した書類と提出した書類(源泉徴収票や免許証など)で、返済能力の有無を見られます。お金が手元にないのでカードローンをするということになりますので、申し込み者やその家族構成などから各社独自の判断基準で返済能力を見極めます。

 

そして重要になるのが信用情報の審査です。これは自己破産歴やクレジットカードの返済履歴など個人の信用にかかわる情報を共有している信用情報機関の情報のことです。
ここには個人個人の信用に関する様々な情報が共有されており、カードローンだけでなく住宅ローンや車のローンなど様々なローンを組む時に各社が参考にします。
仮に過去にクレジットカードで何度も延滞を繰り返していたり、督促がきているような状況があったりした場合はそれも筒抜けになってしまうということです。
しかし、過去にそのようなことがあったからといってカードローンの審査に通らないというわけではありません。信用情報機関からの情報を元にしてどのように判断するのかは各社によります。

 

残念ながら判断基準に関しては銀行カードローンだけでなくクレジットカード等においても各社公表していないので、申し込み基準を満たしてあとは武蔵野銀行の判断にゆだねるしかないようです。

 

武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』の在籍確認

今回は武蔵野銀行のカードローン「むさしのスマートネクスト」を申し込みにあたりおこなわれる「在籍確認」に関してご説明していきたいと思います。

 

この「むさしのスマートネクスト」を申し込むにあたり、家族構成や住所などといった個人の情報のほかに、勤務地として申し込み者の仕事や年収・勤続年数を記入する部分があったと思います。
これは武蔵野銀行が申し込み者が信用できる人間か・カードローンを使用した場合の返済能力はきちんとあるのかを見極める為です。
武蔵野銀行としてはお金を貸すということなので信用できない人には貸せませんよね。きちんとその会社から収入があり、返済が可能かどうかを判断したいのです。

 

そこで行われるのが在籍確認です。
本当に記載されている会社に勤めているのかどうかの確認です。
直接確認しなくても保険証など別の方法でも確認がとれるじゃないかとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、退職しているのに保険証を返納しないで身分証として使用しているケースなども考えられるので銀行側としてはきちんと裏がとりたいということなのですね。

 

ではその在籍確認とはどのような方法で行われているのでしょうか。一般的な在籍確認というと、記載された勤務地の電話番号に電話をかけて「○○様はいらっしゃいますか?」と聞くといいますが、むさしのスマートネクストの場合はどうでしょう。
クレジットカードや住宅ローンとは違いカードローンの在籍確認となると、会社の人に金銭的に困っていることが知れ渡ってしまうのではないかという懸念も生まれます。

 

基本的に銀行カードローンの申し込みにあたっての在籍確認の場合は銀行名のみを申し出ての電話が多いようです。「武蔵野銀行の○○と申しますが、●●様はいらっしゃいますでしょうか?」といった感じです。このような電話であれば、電話を受けた人もカードローンの審査だと思うことはまずないと言えるでしょう。
ただ、これでも嫌という場合は在籍確認の際に担当者名のみを名乗ってもらうことはできるのかどうかを申し込みの際に確認しておくといいと思います。担当者名のみを名乗ったものであれば「いつもおせわになっております。○○と申しますが、●●様はいらっしゃいますか?」と、これであれば仕事関係の電話にしか聞こえません。

 

ではかかってきた電話をかけてどのように在籍確認をとるのかというと、直接本人に代わってもらい、フルネームで「●●様でしょうか?」と聞いて終わりになることがほとんどのようです。武蔵野銀行としてもこれで本当に働いていたと確認が取れたのでOKということです。

 

しかし、本人が外に出ていたり休憩中等で不在の場合は電話口の方に「なぜ不在なのか」を訪ねるようです。休憩・今日は休み・出張等不在の理由がきちんとしたものであれば問題なくそれで電話は終わりますが、「長期で休んでいる・次の出勤は不明・退職済み」といった在籍の確認がきちんととれなかった場合は在籍確認ができなかったという結果になってしまいます。
きちんと勤務していない人にはカードローンは利用できませんし、申し込み時の記載に虚偽があったということになってしまいますと審査は通りません。

 

在籍確認に関して不安なことは申し込み時に相談したり、勤務先に「銀行から自分宛てに電話があるかもしれない」とあらかじめ伝えておくのがよいです。

 

武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』の口コミ体験談

埼玉県を拠点とした武蔵野銀行。この武蔵野銀行が行っているカードローン「むさしのスマートネクスト」を実際に利用している人の口コミや体験談を集めてみました。
これから「むさしのスマートネクスト」を利用する人や、申し込みを検討している人は是非参考にしてみてください。

 

まずは銀行系のカードローンを様々な観点から評価しているサイトでの評価ですが、「むさしのスマートネクスト」の評価は「B」ランクとなっています。5段階評価でBなのでかなり高い評価のカードローンと考えていいと思います。

 

まずは評価の高かった点は「パート、アルバイト、専業主婦でも申し込みが可能」といった点です。これはカードローンでは断られがちな方々でも配偶者にきちんとした安定した収入があれば申し込みができるという「むさしのスマートネクスト」の特徴の一つです。これが高い評価につながっているようです。
また、インターネットや電話で24時間申し込みが可能な点も利便性という点で高い評価を得ています。

 

ではなぜA評価になれなかったのかを見ていくと、「審査のスピード」が少し他のカードローンと比べると遅いところが引っかかってしまっているようです。
これは仮審査申し込みのあとに本審査(本契約)の申し込みで必ず支店・店頭での手続きが必要となることが原因のようです。「むさしのスマートネクスト」は仮申し込みこそインターネットや電話のみでできますが、書類と印鑑を持って店舗窓口での手続きは本審査の際は必須になりますのでその手間が評価がAではなくBになってしまっていると思われます。

 

それでは次に実際に利用している人の口コミ体験談をいくつかご紹介していきます。
最近では乃木坂46がキャンペーンモデルとなっていて「急な出費にもラクラク対応できる便利なカードローン」とうたっている「むさしのスマートネクスト」ですが、利用者の生の声はどうなのでしょうか。

 

口コミサイトなどで利用者の声を見てみると「利用額が8コースから設定できるので目的に合わせて利用できる・使いすぎのないように普段は低めの金額に設定しておける」といったコースに関する口コミにて好評を得ていました。
これは「むさしのスマートネクスト」の利用限度額が30万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円と8段階に分かれているので便利というものです。
試しに他の地方銀行系のカードローンを見てみてもここまでコースがたくさんあるカードローンは少なく、これは「むさしのスマートネクスト」の強みの一つだなと思いました。

 

他には他のメガバンク系のカードローンと比べると審査に通りやすいという口コミが多く、全国規模ではまだまだ知名度が低いかと思いますが、地域密着型で武蔵野銀行のエリア内の方達からは「入りやすい便利なカードローン」ということで支持されていることがうかがえました。
また、これに相反した口コミで「利用限度額が低い」という口コミもありました。
これは審査に通りやすいが故にという部分もありそうな気がしますが、最高限度額が300万円と他のカードローンに比べると低めの設定となっています。

 

むさしのスマートネクストとむさしのカードローンシグナスとのスペック比較

埼玉県の地域密着型銀行である武蔵野銀行。この武蔵野銀行のカードローンは2種類あるのをご存知でしたか? 1つが「むさしのスマートネクスト」もう1つが「むさしのカードローンシグナス」というものです。今回はこの2種類のカードローンの違いを詳しくご説明していきます。

 

まず簡単にいうと「むさしのスマートネクスト」は申し込みにあたっての基準が低く、手軽に作れるというイメージ・「むさしのカードローンシグナス」は武蔵野銀行を利用している方には金利も低くおススメですが、申し込みの基準がやや高めに設定されているといった印象です。

 

「むさしのカードローンシグナス」の申し込み条件として『勤続年数が3年以上の会社員・公務員・公的資格者の方』となっているので、パートアルバイト・主婦・学生・個人事業主の方は申し込み自体ができませんし、「むさしのスマートネクスト」とは違って本人の収入でないといけないので配偶者が正社員であっても申し込みはできません。

 

しかし、その分「むさしのスマートネクスト」よりも限度額が200万円多い500万円までのカードローンとなっており、金利も年5.0%〜10.0%と安い金利となっています。
又、武蔵野銀行で住宅ローンや給与振込の設定をしている方であれば上記金利からさらに優遇サービスとして0.2%〜0.3%金利を差し引いてくれる特典がありますので、メインバンクとして武蔵野銀行を普段から利用されている方であればかなりお得にカードローンを利用できます。

 

「むさしのスマートネクスト」の特徴の1つでもあった、8パターンの限度額のコースに関しては「むさしのカードローンシグナス」にも存在します。限度額が違うので、8パターンがそのまま同じというわけではありませんが、金額のことなる7つのパターンの限度額コースがあります。

 

返済方法に関しては違いが大きいです。まずは「むさしのスマートネクスト」では設定の限度額によって毎月の返済額が決まっています。限度額が30万円・50万円の場合は1万円・限度額が70万円・100万円の場合は2万円・限度額が150万円・200万円の場合は3万円・限度額が250万円・300万円の場合は4万円と決められています。
それに対して「むさしのカードローンシグナス」では、借入状況に応じての返済金額の変動があります。
利用残高が1万円未満の場合は貸越残高を返済・利用残高が1万円以上50万円以下の場合は1万円・利用残高が50万円以上100万円以下の場合は2万円・利用残高が100万円以上200万円以下の場合は3万円・利用残高が200万円以上300万円以下の場合は4万円・利用残高が300万円以上400万円以下の場合は5万円・利用残高が400万円以上の場合は6万円となっています。
返済に関して共通しているところは引き落とし日や方法・任意返済(毎月の支払とは別に任意で振り込み等で返済すること)は両カードローンともに同じです。

 

まとめると、「むさしのスマートネクスト」は高額の借り入れなどはしないがカードローンを利用したい・本人の収入は少ないけれどカードローンを申し込みたいといった方におススメの手軽な入りやすいカードローン。
「むさしのカードローンシグナス」はまとまった金額を利用したい・メインバンクも武蔵野銀行なので優遇を受けてお得にカードローンを使いたいといった方向けのしっかりとしたカードローンといったところです。

 

武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』の返済

カードローンはとても便利ですが、継続して利用していくためには信用が一番大切となります。そのためにも返済の方法については正しい知識を身につけておき、返し忘れなどがないようにしましょう。
今回は「むさしのスマートネクスト」の返済についてみていきます。

 

まずは返済の金額についてです。
この「むさしのスマートネクスト」カードローンでは、定額返済という返済方法が取られています。これは契約の極限度によって毎月返済する金額が決まっているということです。
極限度が30万円・50万円の場合は、毎月1万円の返済
極限度が70万円・100万円の場合は、毎月2万円の返済
極限度が150万円・200万円の場合は、毎月3万円の返済
極限度が250万円・300万円の場合は、毎月4万円の返済と決められています。利用残高に応じて返済金額が変わる変動型もあるなか、「むさしのスマートネクスト」は極限度によって返済額は固定です。

 

しかし、「前月までの利用残高が当月の返済金額に満たない場合」などは返済額が固定ではなくなる場合もありますので、支払額や利用残高等の確認は明細書やWEBでしっかり確認しておきましょう。

 

上記の金額を、毎月7日(休日の場合は翌営業日)に指定の預金口座からの自動引き落としとなります。
毎月1万円の返済からでもOKという点はとても便利です。これが「むさしのスマートネクスト」が初めてのカードローンにもおススメとうたわれている理由のひとつでもあると思います。

 

この固定金額の支払い以外にも任意での返済も可能です。例えばボーナスがでた時や臨時収入があったりと、まとまった金額が手元にある時には毎月の引き落としの金額とは別に多く返済ができるということです。これを「臨時返済」といいます。こちらは金額などの指定はありませんので希望の金額を返済することができます。もちろん利用残高の全額を一括で返済することも可能です。

 

臨時返済の方法は「むさしのスマートネクスト」のローンカードを利用します。武蔵野銀行のATMを利用して臨時返済ができます。利子が発生してしまうので、手持ちの金額に余裕があるときはこの臨時返済を利用するもの賢い方法ですね。

 

次に万が一引き落とし予定の口座にお金を入れ忘れてしまった等の場合についてお話します。
基本的には7日の当日の朝などに入金しても入金データーが反映するまでに時間差があるので、前日6日の銀行営業時間内に入金しておきましょう。
武蔵野銀行から連絡が来る前に、ご自身で気づいた場合は店舗窓口にて相談するか、武蔵野銀行のコールセンターに連絡して返済方法を相談しましょう。
ご自身で気づかなかった場合は武蔵野銀行から返済方法についての連絡などがきますので早急に対応しましょう。
いずれにせよカードローンは信用が大切ですので長く継続的に利用していきたい場合は延滞などのないように引き落としの指定口座には多めにお金を入れておきましょう。

 

武蔵野銀行カードローン『むさしのスマートネクスト』の増額

たくさんの金額のコースがあり、とても便利に使えると評判の武蔵野銀行のカードローン「むさしのスマートネクスト」。今回は利用限度額の増額に関してご説明していきたいと思います。

 

まず、「むさしのスマートネクスト」は最高の限度額は最大で300万円となっています。しかし、申し込み審査の通った人全員に300万円の利用限度額が与えられるというものではありません。
収入や信用情報などを元に審査が行われ、8コースの限度額の中から審査結果に応じた限度額となります。
30万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円と8コースあり、基本的に審査しての限度額決定なので、「希望の金額よりも少なかった」ということがあってもいきなりの増額というのは厳しいです。

 

また、この「むさしのスマートネクスト」は専業主婦、パート・アルバイトの方も配偶者の収入や会社などをきちんと記載すれば申し込むことができるという特徴がありますが、専業主婦の方の場合は限度額は
30万円と決まってしまっています。
専業主婦の方が限度額の増額を希望する場合は、ご自身がパートなどとして働きに出て「専業主婦」ではなく「パート・アルバイト」にならないと30万円以外のコースになれることはありません。

 

 

では金額が希望よりも低かった場合はどうすればいいのでしょうか。
まず覚えておいていただきたいのは『カードローンとは保証人・担保なしで借りることのできるローンです。その為、審査や増額では信用力が一番大切』ということです。
審査結果での限度額決定なので、いまの貴方の信用力ではこの限度額が最適と武蔵野銀行側は判断したと言うことです。
ですので、信用力を上げてから再度申請をすることによって増額の可能性が見えてくるという訳です。

 

この信用力を上げるために一番有効なのは『何回も利用すること・その際に一度も延滞をしないこと』です。毎回きちんと支払いをして、武蔵野銀行側にこの人は使ってもきちんと返済してくれる・返済能力のある人だ。と思ってもらうための実績を作ることです。

 

ある程度実績を積んでから、武蔵野銀行の窓口やコールセンターに相談して増額の依頼をしてみましょう。再度審査をして増額できるか否かを判断してくれます。

 

このように利用者自身で増額を申請する方法以外にも、武蔵野銀行側より契約変更可能の連絡がくる場合があります。
銀行側が勝手に限度額を増額することはできません。その為、増額可能だと判断した顧客に連絡をしたり、増額の為の再審査が受けられますなどと増額の希望があるかを訪ねてくる場合があります。
希望がなければ1度断れば問題ありませんし、希望があればその電話口で再審査や増額後の詳細などをきくことができます。

 

武蔵野銀行カードローンの「むさしのスマートネクスト」は限度額のコースが多く利用しやすいカードです。ご自身にあった限度額で快適にカードローンを利用しましょう。