低金利カードローン比較

MENU

低金利カードローン比較〜どこが一番金利が安いのか

以前までは消費者金融をはじめとしてカードローンといえば金利が高くなかなか利用するのに躊躇しがちなイメージがありましたが、最近では低金利のものが続々と出てきています。銀行系のカードローンを筆頭に様々な低金利カードローンがあり、使い方や選び方を間違えなければクレジットカードのキャッシングよりもお得に利用できます。
そこで低金利カードローンの情報をまとめて比較してみました。どのカードローンが一番金利が安いのでしょうか。

 

まず一番おススメなのは銀行系のカードローンです。大手メガバンクから地方密着型の銀行までありとあらゆる銀行がカードローンを行っています。消費者金融の平均金利が年利5%〜18%程度であるのに対して銀行系のカードローンでは年利3%から15%程度となっています。

 

金利の数字だけみると「そこまで変わりはないからどこで借りても同じ?」と思う方もいるかと思いますが、金利として数字だけでみているからそう思ってしまうのです。利息として実際に払う金額で見ていけばその差は一目瞭然です。

 

仮に10万円を30日借りたとします。金利が14.0%の場合だと返済終了時に払う金額は元金の10万円と利息の1,150円です。金利が18.0%の場合は元金10万円と利息1,479円となり、1ヶ月という短期間での返済での借り入れであった場合でも約300円の差がでます。
これが返済期間が1年になったり、返済完了前にまた借り入れることがあったりすればどんどん利息も増えていきます。
低金利で借りられるに越したことはありません。

 

そこで今回は低金利と言われる大手銀行系と、信販系のカードローンを比較していきます。三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・楽天銀行・オリックス銀行・じぶん銀行・オリックスカードレスVIP・三井住友カードゴールドローンを比較してみました。

 

金利に関してどこのカードローンにも共通して言えることは「限度額が多ければ多いほど金利が下がる」ということです。しかし、逆を言えば「限度額が低い場合は金利が高くなる」ということです。ほとんどの方が最高限度額を設定されることはないと思っておいてください。なので、提示されている最低金利よりも最高金利を重視してください。

 

そこで最高金利が一番低いカードローンはというと「三井住友カード ゴールドローン」の実質年率3.5%〜9.8%というのが一番安いです。それだけではなく、利用実績に応じて、0.3%ずつ料率を引き下げていくサービスもあり最高で1.2%の引き下げができるので実質年率 2.3%〜8.6%と、さらにお得です。

 

各社の公表している金利だけをみていくと一番お得なのは「三井住友カード ゴールドローン」です。しかし、銀行系は取引実績や給与振込口座に指定しているなど各社の条件を満たすことでインターネットなどで公表されている金利よりも優遇をうけることのできる場合が多いです。

 

公表されている情報を元に、自分のライフスタイル上で一番低金利(最高金利の低い)カードローンを見つけることが大切です。

 

低金利カードローンなら返済額はここまで違う!

低金利カードローンと言われるカードローンは銀行系や信販系ですが、その最高金利の平均は約14.0%代となっています。そして消費者金融(アコム/アイフル/プロミス)の平均金利は28.283%となっています。
せっかくカードローンを利用するのであれば低金利でお得に利用していきたいです。

 

そこで低金利といわれるカードローンを金利のパーセンテージだけではピンとこないので実際の返済額・利息を見て、どれだけの差が出てくるのかを考えていきます。

 

10万円借りた場合、毎月の返済額は各社設定がことなるのですが、最低返済額で返済したと考えると三菱東京UFJ銀行カードローンや楽天銀行カードローン・じぶん銀行カードローンでは「5万円〜3万円」ほどの利息を払うことになります。
逆に一番利息が少なくて済むのは三井住友カード ゴールドローンで利息は「5292円」となっています。同じ10万円の借り入れでもここまで差が出ています。

 

この差は何で変わるのでしょうか。金利という点ももちろんありますが、一番は「毎月の返済額」です。
前者の3社は毎月の返済が「2000円〜3000円」ととても少なくて済みます。これはとてもいいメリットです。しかし、その分元金の10万円を返すまでにかなりの期間がかかり(約6年)その間にも利息はふくらんでいくので最終的に払った金額が多くなるということです。
利息が少なくて済んだ後者の三井住友カード ゴールドローンでは毎月の返済が10000円+利息と前者と比べると高額になるので、短期間での返済が可能(1年以内)でその分利息も膨らまないという仕組みです。

 

では毎月10000円固定で返済したとして比較してみると、みずほ銀行が一番利息が少ない、6,956円となります。しかし、どこもだいたい7000円前後なので、先ほどのように大きな差がでることはありませんでした。(三井住友カード ゴールドローンは毎月1万円の固定返済ができないので比較対象に入ってません。)

 

いわゆる低金利カードローンと呼ばれる「銀行系」「信販系」のカードローンを比較してわかったことは、短期間での返済が可能な場合であれば金利での差はそこまでは大きく出ないというイメージです。
これは急な出費があるけれど、次の給料日やボーナスなど近いうちにまとまったお金が手元にはいり返済がすぐにできる場合です。

 

しかし、返済が長期にわたる場合(長期の目安は3年)や、金額が100万円を超えてくる場合・毎月の返済額を数千円で抑えたい場合などは金利の差が大きく違いとして見えてきます。

 

低金利カードローンの中でも返済の金額については各社違いがあるので、毎月の返済額を重視するか・総返済額を重視するかで選ぶカードローンも異なってきます。
同じ低金利カードローンでも選び方を間違えるとかなりの損をしてしまいますのでしっかりと返済シュミレーションを考えた上で、会社を選ぶことが重要です。

 

おまとめ・借り換えをするなら低金利の銀行カードローンがおすすめ

ローンのおまとめ・借り換えとは、支払う利息を減らし、返済を少しでも楽にするために行う行為です。
様々な所から借り入れていると返済のプランを明確にすることが難しいですし、実際に借金がいまいくらあるのか・今現在で利息はどのくらい付いてしまっているのかなどが不明確なまま返済を続けているのは非常に良くないことです。
ローンを一本化したり低金利なカードローンに借り換えをすることで、毎月の返済を簡潔化して先を見ながら返済していける・返済する金利が安くなるので負担が軽くなり返済が楽になるというメリットがあります。

 

ではなぜ「おまとめ」で負担が軽くなるのでしょうか。それは各カード会社が出す限度額と金利が関係してきます。数社から少額(例:30万円)を借りている場合はほとんどの場合が各社の最高金利で金利が付いています。しかし、それをまとめて1社から高額を借りる(例:30万円×4社で120万)というおまとめにすれば、各社の最高金利である平均17%代よりもかなり低い金利で借りることができる可能性が高まります。これが「おまとめ」の仕組みです。

 

「おまとめ」や「借り換え」の場合、いずれにしても今よりも支払う利息が多くなってしまって毎月の返済額が増えてしまうようであれば、やる意味がありません。そこで利用したいのが低金利の銀行カードローンです。低金利の銀行カードローンを利用して貴方も借金の負担を少しでも軽くしていきましょう。

 

では低金利の銀行カードローンのなかでどのように自分にあったカードローンを選んでいけばよいのでしょうか。銀行のカードローンであればどれもが低金利というわけではありません。おまとめ・借り換えに適したカードローンをしっかりと見極めないと、逆に借金が増えてしまうこともありますので要注意です。

 

まず、毎月の返済額が少額に設定されているカードローンは避けましょう。今支払っている返済額よりも借り換え・おまとめをすることで、返済額が下回ってしまうプランは絶対にNGです。
毎月の負担が減るということはその分長期にわたって返済し続けなければならないということです。返済が長期になればなるほど支払う利息の金額は大きくなってしまいます。
いまはインターネット上で返済シュミレーションができるツールがありますので、それを利用して総支払い利息をしっかりと計算したうえでおまとめ・借り換えを行いましょう。

 

一般の消費者金融などの貸金業者は金利が高く設定されているのであまりおススメできません。それに、消費者金融には総量規制というものがあり、年収の3分の1以上の金額を借りることができません。
しかし、銀行のカードローンは対象外(銀行には銀行法があり、基準は各銀行が決めることができる)ということで、総量規制法による制限がなくなります。
制限がない上に、一般の業者よりも金利が安いのが銀行カードローンの特徴です。これらの点から、カードローンのおまとめ・借り換えを検討している人は、まずは銀行のカードローンを視野に入れることがおススメです。

 

消費者金融の無利息キャッシングも場合によっては銀行よりお得

お金を借りる場合にはカードローンとキャッシングの2つの方法があります。その中でも金利が低くて利息が少なくて済むのは銀行系の低金利のカードローンです。
しかし、最近では「金利が高い」というイメージの大きい消費者金融でも「無利息キャッシング」という商品がでてきています。電車の中吊り広告やテレビCMでも見たことある方もいらっしゃるかと思います。この「無利息キャッシング」とはいったいどのようなものなのでしょうか?そして銀行系の「低金利カードローン」とどちらがお得なのでしょうか。

 

まずは消費者金融の「無利息キャッシング」とはどんなものかをご説明します。
簡単にいうと、指定された期間の中なら無利息でお金が借りられるというものです。消費者金融というと金利が高いというイメージから、最近では銀行系のカードローンに顧客が流れがちです。そこで消費者金融としても新たな顧客を確保するためにこのようなサービスを行っているものと推測されます。
各会社にもよりますが、「ご利用日から30日間」などある程度の条件がかせられますが、その期間内であれば利息は0円なので、元金(借りた金額)のみを返済すればいいということです。通常では15%前後の利息がかかるキャッシングが無利息で利用できるのでとてもお得です。
利息がかかることを理由にキャッシングやカードローンをためらっている人は一度検討してみる価値は十分にあります。

 

では「無利息キャッシング」のメリット・デメリットを詳しく考えていきます。
まずメリットは先ほど説明した「無利息」である点が一番です。それ以外のメリットとしては、申し込みをしたその日やその場でお金が借りられるという点です。消費者金融は即時審査をうたっている会社が多いです。一般のカードローンは審査に日数がかかるのに対して即日現金が手に入るというメリットがあります。
続いてデメリットは、「計画的に返済ができるという場合でないと高額な利息を払うことになってしまう」という点です。短期間での返済が可能で確実に返済できるというあてがない場合は「無利息キャッシング」は危険です。低金利カードローンとは違い、消費者金融は金利が高いので万が一返済ができなかったり滞ってしまった場合は高額な利息が付いてきてしまいます。返済期間がすぎてしまうと元金+利息+遅延損害金というものが発生してしまいます。
他には、無利息というメリットからキャッシングや借金に対する意識が薄れてしまい、返済後もついついキャッシングに頼った生活をしてしまう可能性というものがあります。

 

このように一見躊躇しがちな消費者金融ですが、「無利息キャッシング」という商品はとてもメリットが大きくお得です。確実に返済ができるという返済計画に自信のある場合や・お給料日までのつなぎのお金が必要などといった場合など、用途にあわせて上手に利用しましょう。自分にあった一番お得な方法でお金が借りられるようにしっかりと検討していくことが一番大切になります。

 

専業主婦(主夫)でも低金利のカードローンは利用できるの?

キャッシングやカードローンなどは、手元にお金がないときや急な大きな出費などの際にとても便利です。しかし、一番の問題となってしまうのは「返済ができなくなってしまう」ことです。これにより、当初の設定金額よりも低い金額で少しずつ返していくことにより、利息が増えて返せなくなり、また別の金融機関を利用することになってしまうなんてことも考えられます。
このような多重債務に苦しむ人を作らないために定められた法律が「総量規制」です。
この法律では、『年収等の3分の1以上の金額は借りることができない』と決められています。その為、専業主婦(主夫)は収入がないため総量規制のかかる消費者金融からはお金を借りることができません。

 

では専業主婦はお金が借りられないのか?というとそういう訳ではありません。「総量規制」のかかるところからは借りることができないというだけなので、「総量規制」のかからないところから借りればいいのです。
それは銀行のカードローンです。銀行には「銀行法」という別の法律があり、銀行のカードローンは「総量規制」は全く関係ありません。各銀行自らが決めた基準でカードローンを発行しているのです。
しかも銀行のカードローンは他の消費者金融と比べても金利も低く、初めてのかたにもおススメできるカードローンです。

 

では銀行のローンといってもどのように探せばよいのでしょうか。
まずほとんどの銀行には「カードローン」「フリーローン」「目的別ローン」と大きく分けて3種類のローンが存在します。この中で一番低金利なのは「目的別ローン」です。これは教育やブライダルなど用途に応じてのローンで目的の証明が必要な代わりに金利がとても安く設定されています。しかし、これは収入がない人は申し込みができません。
「フリーローン」は「カードローン」とよく似ていますが、一度借り入れをすると返済のみで追加での借り入れができないのがデメリットです。これも収入のある人のみとなっています。

 

よって専業主婦(主夫)が利用できるのは『銀行のカードローン』だけです。
最近では一部地方銀行等を除いてほとんどの銀行で来店不要で申し込み・契約ができるようになってきています。インターネットやスマートフォンから24時間申し込みが可能でなかなか自分の時間が作れない主婦(主夫)の方には嬉しいサービスです。
身分証明も、免許証などをスマートフォンのカメラで撮影し、送るだけととても便利です。

 

ほかにも、家族に内緒で借り入れをしたいという方に嬉しい制度が整っているのも銀行カードローンの魅力です。利用明細などの郵送物はWEB明細とすることで自宅に送られないように設定できたり、ご主人の会社に在籍確認がいかないようにすることができる銀行もあります。
返済が滞ったりすることがなければ家族に連絡がいくことなく内緒で利用することができます。

 

注意していただきたいのは、やはり専業主婦(主夫)でも借りられるとはいえ収入のある人から比べると利用限度額はあまり期待できないという点です。審査の上、返済能力をみての決定となるので一概には言えませんが30万円〜50万円がとなっています。それに加えて増額の申請ができない銀行も多くあります。

 

カードローンの上限金利と下限金利とは?

カードローンは様々な金融機関から商品として出されていますが、一番に目にいくのはやはり「金利」です。表示としては”固定金利年●%〜●%”といった感じでどこも書かれていると思います。これはお金を借りている以上必ず支払わなければなりません。言いかえればお金をかりているカードローンの使用料といったところでしょうか。金利は各会社によって様々に設定されていますが、借入をしている金額や限度額で決められている場合がほとんどです。

 

上限金利というのは、「利息制限法」と「出資法」という法律で定められた金利の上限のことです。この上限金利以上の金利を設定してお金を貸すことは法律で禁止されています。この定められた金利を越えてお金を貸しているような会社は、いわゆる「闇金」と呼ばれている危険な業者である可能性が非常に高いです。

 

「利息制限法」とは、このように定められています。
借り入れ元金が10万円未満の場合の上限金利は年20%まで
借り入れ元金が10〜100万円未満の場合の上限金利は年18%まで
借り入れ元金が100万円以上の場合は年15%まで
これが決められた金利の上限です。大手消費者金融がどこも年18.0%を最高金利としているのはそのためです。10万円未満の貸し付けはあまりないので18.0%にしているところが大半です。しかし、大手ではないところや地方密着型の中小企業などではキッチリ20.0%に設定しているところもあります。

 

一方「出資法」(正しくは「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」)では『金額に関係なく年20.0%まで』この一文のみで上限金利について定めています。

 

一方「下限金利」についてはどちらの法律でもパーセンテージにふれるような細かな記載などはなく、決まり事もありません。そのため各金融機関がそれぞれに定めていると考えてください。
基本的には4%代に設定している消費者金融や銀行が多いですが、中には1.0%代で設定している銀行もあります。
しかし、この各社の定める下限金利は「カードローンの最高限度額が与えられる」と判断できるくらいの信用・返済能力が認められ、なおかつ利用と返済の実績を積んだごく一部の人にのみ適用されてるものです。なのでカードローンを選ぶ際には、下限金利ばかりを見て選ぶことのないように注意が必要です。

 

また、金利が同じで借り入れた金額も同じといった場合でも、返済の方法でも総合で払う利息は大きく変わってくるのでその点もよく確認が必要です。返済が毎月少額であれば日数がかかりその分利息の金額も大きくなるということです。
金利が実際にいくらになるのかというのは計算で求めることができます。金利=元金×年利÷365×借りた日数この計算式です。

 

カードローンを利用する場合は金利というものがどのようなものかしっかりと理解して、金利だけでなくカードローンの全体の契約内容を把握して自分にあったものを選ぶようにしましょう。

 

そのほかのお役立ちサイト

プロミス在籍確認アコムの在籍確認レイクの在籍確認カードローン審査在籍確認アイフルの在籍確認